知って得する ペット保険

ペット保険とは何か

知って得する,ペット保険

ペット保険とは、ご自身で飼っている可愛い動物が病気やけがなどで動物病院にお世話になった際に、その治療費等を一部負担してくれるサービスです。

 

人間の、社会保険、国民健康保険などと同じような感じですね。
入院や手術など、動物と思っていても予想以上に金額が高く、治療費が払えない事から、治療を受ける、続けることができないペットもいるくらいです。

 

 

近年は、動物の医療も進化していることから、ペットの寿命が長くなり、高齢化も問題になっています。
高齢化になったことで、今までならなかった癌や糖尿病、白内障などの病気にかかるペットが増えてきています。

 

また、健康維持のためにも良いドックフードなどを食べさせるなど、費用もかかるようになってきました。
そんなことから、保険に加入する飼い主や、保険を取り扱う会社も増えてきています。

 

 

ペット保険は、約30年前のイギリスで、愛犬のためにある女性が設立した保険会社から始まったそうです。
現在、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでペット保険は普及されています。

 

特に、ペットを飼うことがステータスな欧州では、加入率は日本の10倍と言われています。
保険に加入していると、一部負担、後で支払った金額が返金されるなど、飼い主には非常にありがたい保険です。

 

保険の会社や契約内容により、保険料も補償内容も異なります。
今では、ペット保険を取り扱う会社は、損害保険会社3社と少額短期保険会社6社の計9社です。

 

 

ペットの年間医療費は確実に上がっています。
年間の医療が3万円以上の犬は実に60%、猫は30%だそうです。
10万円以上の犬は何と16%、猫も8%もいるそうです。
高額は50万円を超えるケースもあるそうです。

 

現在の日本では、犬や猫など飼っているペットは全国で2500万頭と言われています。

 

自分の可愛いペットも病気、突然の事故に備え、保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

知って得するペット保険ナビ

 

ペットの生活習慣病予防サプリメント

 



ペットの生活習慣病予防サプリ ペット保険の加入条件 ペット保険の内容 ペット保険の保険会社